津競艇場の特徴を徹底分析!予想方法を知って津競艇場を攻略しよう!

tu2

津競艇場競艇場の特徴を活かした予想方法をご紹介

今回は、競艇場として全国初の許可を受けた事でも知られる「津競艇場(ボートレース津)」について特徴・予想方法・攻略方法を紹介していきます。

津競艇場で勝負する上で一番の敵は「風」。強風が吹くと水面・選手にかなり影響を受ける特徴があります。

そのため、津競艇場は「東海地方で一番荒れる競艇場」とも言われています。

一般的に競艇はインコースが有利と言われていますが、津競艇場では強風が吹いてしまうとその定石が通じません。

それでは、何故競艇のセオリーであるインコース有利が津競艇場では通じなくなってしまうのか。

津競艇場の特徴・攻略方法を踏まえながら、順番にご紹介していきたいと思います。

まずは、簡単に津競艇場の基本情報から知っておきましょう。

津競艇場の基本データと出身選手

津競艇場は、三重県にある競艇場で通称は「BOATRACE津」。

入場料は100円。無料駐車場が2400台も完備しているので、車でアクセスしやすいメリットがあります。

マスコットキャラクターは恐竜の「ツッキー」を筆頭に妻の「ツッピー」息子の「ツックン」娘の「ツーコ」の4人家族です。

津競艇場で行われるドリーム戦では「ツッキードリーム」と名前が付けられる程親しまれています。

津競艇場の代表的なレースは、正月に開催される伊勢新聞社新春レース

ゴールデンウィーク開催されるスポーツニッポンパール賞競走

お盆期間に開催される中京スポーツ三重テレビ納涼しぶき杯争奪戦競走が代表的なレースです。

ちなみに直近の大きなレースは、2019年10月15日~ 10月20日に津競艇場で「G2モーターボート大賞」が開催されます。

支部の振り分けについては、ボートレース津は三重支部に含まれます。

三重支部は、

【選手】 【選手番号】
井口 佳典 4024
新田 雄史 4344
森 竜也 3268
坂口 周 3984
安達 裕樹 4227

など、多くの選手を生み出しました。

特に井口佳典選手は数々のSGタイトルをものにしてきた実績があります。

スタート力には定評があり、フライングを恐れないスタート度胸を持っています。

井口選手が出走するボートレース津のレースであればコース関係なく舟券に絡めたくなってしまいますね。

その他の上記選手も津競艇場で成長して特徴を熟知している選手です。

津競艇場の出走が決まったら、活躍してくれるかもしれないので要チェックして下さい。

津競艇場の特徴

では、津競艇場の特徴を掘り下げていきます。

競艇は選手の能力だけではなく「競艇場の特徴」を知っているか知っていないかで勝敗が左右されます。

しかし、競艇のセオリー通りインコースの3選手だけ集中して買っていても勝率は上がりません。

そこで重要なのが各競艇場の特徴を知ること。

最低でも特徴を知っておけば予想をする上で役立つので覚えておきましょう。

まずは、津競艇場の水面について紹介していきます。

津競艇場の競走水面について

冒頭でも少し触れましたが・・

津競艇場は東海地方の中で一番荒れる水面と言われているほど、強風が吹くと水面コンディションが急激に悪化する傾向があります。

一般的に・・

弱風はインコースが優勢。

強風はアウトコースにチャンス有り。

「風の強さ」「風の向き」はレースによって結果が大きく左右されるので当日は天候状態の確認が必須です。

津競艇場の水面レイアウト

加えて上の水面図の通り、津競艇場は1ターンマークのホーム側の幅が全国の競艇場の中で2番目に広い競艇場となっています。

そのため、津競艇場ではターンマークの幅が広いことで差しやまくりなど積極的な戦いを見ることができます。

一方で、津競艇場に不慣れな選手は1コースになったとしても、第一ターンマークで外側に膨らんでしまいアウトコースの差しが決まるケースも。

大外の艇が先頭に絡み、万舟券が飛び交うのも津競艇場の特徴です。

強風時を考えるとどの選手を軸に考えればいいのか迷ってしまいます。

津競艇場の予想方法・コツは何?

では、津競艇場の予想方法・コツを紹介していきます。

その前に、津競艇場の予想基準を覚えておきましょう。

スタートが重要

津競艇場の最大の特徴は「風」。

インコースが有利な考えは津競艇場でも当てはまりますが・・・。

風向きによってスタート時に2艇身くらい差がでると言われるほど。

そのため、スタート展示や前のレースで確認しアウトコースでスタート勘をつかんでいる選手を見つけたら買い目に選定しておきたい。

季節によって重視するコースを変える

1コースの1着率が夏だけ全国の平均より低くなっています。

一方で、冬にはアウトコースの1着率が上がる傾向がある。

以下では「夏」「冬」のコース別の勝率を分けた表を作ったので参考にしてみて下さい。

・夏季のコース別入着率

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
1 54.1 18.8 8.3 6.8 7.2 4.4
2 15.2 30.5 18.0 11.5 13.0 11.3
3 13.7 20.7 23.9 18.5 12.0 10.9
4 11.7 16.0 22.1 18.6 16.0 15.4
5 4.8 11.4 17.5 23.1 26.5 16.4
6 1.6 3.9 11.4 22.2 24.8 35.8

※集計期間:2019年06月01日〜2019年08月31日

・冬季のコース別入着率

コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着
1 58.9 16.5 6.7 7.4 5.1 5.1
2 14.5 25.3 19.5 15.1 14.6 10.7
3 11.8 18.1 18.8 22.6 17.0 11.4
4 8.2 20.7 24.7 19.2 14.6 12.3
5 4.4 15.1 18.6 20.2 21.7 19.6
6 3.1 5.2 12.8 17.0 27.3 34.3

※集計期間:2018年12月1日〜2019年2月28日

表を確認してもらい通期を通して、どちらも1コースが強いのは言うまでもありません。

夏は強い追い風が多くなるせいで、1コースの1着率が若干下がりますがインコース勢が強いことに変わりないでしょう。

そして、冬は強い向かい風が吹くことによって4コースの3着以内の入着率が上がり、6コースの1着率が上がるので穴狙いの勝負がしやすくなります。

予想方法としては、基本はインが有利な展開になるのでインのフォーメーションやBOX買い。

強風時には、4コースの選手を考慮して買い目に選定する。スタートが得意な選手であれば間違いなく含めたほうが良いでしょう。

自身で津競艇場の的中率を上げるポイントとしては、

  • 1コース重視
  • 風の影響を考慮
  • スタートが良い選手を選定

以上の3点を熟知しなければいけません。

しかし、実際にそこまで細かく観察・研究に費やす時間はありませんし、全国24箇所の特徴を覚えるのはかなり大変です。

直接足を運んでレースを考察できればいいのですが・・・。

平日に行くことができない人もいると思います。

私は競艇に詳しいつもりで上記のデータを参考にしてみましたが、勝率は相変わらず低いままでした。

でも、今では津競艇場の勝率は上がり勝ち続けています。

勝率が上がった方法を次でご紹介します。

津競艇場で本気で勝ちたい人はどうすれば?【まとめ】

津競艇場の特徴についてご紹介してきましたが、考えれば考えるほど時間が経ち予想は難しくなります。

インコースを買ったところ、風によってレースがかなり荒れてしまい惨敗。

今度は4コースあたりも絡めながら3連単を狙ったところ、堅いレース展開となりまたまた破れてしまった。

そんな負け続けていた私が勝率を上げた方法は・・・競艇予想サイトを参考に舟券を購入して勝率を上げました。

競艇予想サイトと聞くと不安に思う人がいるかもしれません。

私もそうでした。

しかし、登録は【無料】予想も無料で見れるなら使うしかないと思って始めたのが発端です。

皆様の不安を少しでも取り除く為に、徹底的に検証しているので安心してください。

勝率を上げる、安心して使える、無料でもしっかり稼げる。

そんな競艇予想サイトはコレです!

【ジャックポット(JACKPOT)】

津競艇場の誘導サイト

ジャックポットは「勝つ」、「稼ぐ」ための競艇予想サイトです。

なんと、入会金・月額会費が無料。

さらに、登録時の特典で10,000円分のポイントが貰えます。

有料予想に参加する時に負担が減るのは嬉しいですよね。

的中率の高さは管理人が実証済みです。

安定を望む人、勝負したい人、一気に稼ぎたい人とタイプによって使い方を分けてみたので気になる人は検証結果を一度確認してみると良いでしょう。

是非、ジャックポットの予想を参考にして津競艇場で勝負してみてください。

ちなみに、2019年12月11日〜 14日に津競艇場で「JPF杯ドッキドキ ツッピーメイト」が開催されます。

ジャックポットは毎日無料情報を公開しています。

予想に参加できるチャンスが多いので、時間余裕が出てきた際に利用してみてはどうでしょうか。

LINE@はじめました

毎日ではありませんが、アツい予想を配信していきます。

皆様のお力になれるはずなので、抑えておいて損はありません。

管理人は現在、プラス収支をキープしているので間違いないです。

LINE@QRコード

殿堂入り!人気競艇予想サイト

LINEQRコード画像